ご購入はこちらから

coffee club

まめ知識

デカフェ(カフェインレスコーヒー)

カフェイン残留率を0.1%以下(EU規格)に抑えた画期的な製法です。従来の製法(液体処理法や超臨界二酸化炭素抽出法)と比較して、香りと味わいがよくなりました。 妊産婦・授乳中の方、カフェインで眠れなくなる方、健康志向の方、カフェイン...
生豆

マンデリンG1

マンデリンはインドネシアのスマトラ島で栽培されたアラビカ種のコーヒー豆です。コーヒー豆の生産大国であるインドネシアを代表するコーヒー豆であり、世界中で愛されている名品です。コーヒー豆の栽培を進めたスマトラ島のマンデリン族からその名がつけ...
まめ知識

ブルボン種

ブルボン種コーヒー豆の特徴 ブルボン種とは、アラビカ種のコーヒーの品種のひとつです。 アラビカ種のコーヒー豆はブルボン種とティピカ種が二大品種、ブルボン種はティピカ種から突然変異してできた小粒で丸みのあるコーヒー豆です。 ブル...
全体

ホンジュラスSHB

ホンジュラス共和国とはホンジュラスは、中央アメリカの中部にある共和国です。国土面積は約11万2千平方キロメートルで、日本の約3分の1ほどの面積。人口は約959万人(2018年)です。国土のほとんどが山地で平地は20%ほど、温暖な気候と火山...
生豆

さくらブルボン

アラビカ種のコーヒー豆はブルボン種とティピカ種が二大品種、ブルボン種はティピカ種から突然変異してできた小粒で丸みのあるコーヒー豆です。ブルボン種が栽培されている産地はブラジル、グアテマラ、ルワンダなどです。 ...
全体

コーヒーとカビ毒

危険なカビ毒
全体

エチオピア イルガチェフェ

スペシャルティーコーヒー市場で不動の人気を誇るイルガチェフェ 高品質の生産地として定評のあるウォルカ・チェルベサ村(有機栽培) 標高1,950mを超える山奥の水洗工場は、朝は夜は長袖が必要で、朝は霧が立ち込めるほど気温が下がり...
まめ知識

美味しいアイスコーヒー

深煎りcoffeeと濃い coffeeで  アイスコーヒー用のコーヒーの焙煎は深煎り、HOT coffeeの2倍ほどの濃さで淹れる! ふつうアイスコーヒーはグラスに氷を入れ、そこに熱いコーヒーを注ぐ方法で作ります。 その時、...
焙煎士への道

臨床検査技師から焙煎士へ

医療から生豆売りへ 臨床検査  40年間病院で臨床検査技師、肺機能検査、そして病理検査、細胞診検査士、超音波検査検査士として働いてきました。病院勤務を経て2022年3月で定年となり岡山の田舎で農園を始めました。医療から全く違う...
全体

焙煎機 高品質なロースター

サンプルロースターの紹介です。使用している本体はスチールとチタンです。チタンの焼き色が何とも言えないBlueが何とも入れない。そんなロースターを紹介します。 京都「YOSANO ROASTER」 マウンテンバイクやロードバイク...
全体

ナリーニョ・スプレモSP

 絶品! 特別なコロンビア・スプレモ うちで扱っているプレミアな一品です。ナリーニョ・スプレモの産地はエクアドルとの国境近く、アンデス山脈に囲まれた最南端の標高2000メートル以上の山間に向いた山脈地。その数量はコロンビア全生産量の...
全体

ホームページの作成

業者の誘いは慎重に 起業し始めると電話番号や屋号を取ると電話でホームページ作成しますって電話がかかってきます。初めてだから制作費用は無料です。っとなってるところもあり安いと思って手を出しそうんじなります。しかも、写真まで撮りに来てく...
全体

焙煎の工程

乾燥 豆の内部に水分が残っているとコーヒーは茶色く色づかないため、生豆を焙煎機に入れ、熱で完全に水分を飛ばしていきます。この工程は水分を飛ばすためだけであり、まだ色にも香りにも変化は現れません。乾燥が不十分だと豆が均等に焙煎できな...
全体

粕谷哲さんの世界一のコーヒーの淹れ方!

4:6メソッドで美味しいコーヒーを淹れよう。 アジア人初のWORLD BREWERS CUPを制した世界チャンピオン粕谷哲彼がその時、使った方法が4:6メソッドでcoffeeを入れた 「4:6メソッド」の詳細 1. 使用...
全体

ケニア・マサイ AA

ケニア・マサイの特徴 「ケニア マサイ」は、その年毎の良質なトップグレードの原料をドーマン社の品質管理担当者がブレンドし、外観、カップクォリティー(酸味・ボディ・フレーバー)ともに...