ご購入はこちらから

2023-01

まめ知識

coffee栽培で使われる農薬

FacebookLINEコピー 2023.01.042022.12.30 一般的なコーヒー豆の栽培時には大量の合成肥料や化学肥料とともに農薬を使っています。 全世界の農作物別農薬使用量は、【第1位:綿花】【第2位...
まめ知識

デカフェ(カフェインレス)Decaf

デカフェは何の略? デカフェとは、英語の「decaffeinated(略:decaf(ディーキャフ)」から名付けられた言葉。 「カフェインを除去した」という意味で、ディカフェ・カフェインレス・カフェインフ...
生豆

ペルー有機栽培

イーグルコーヒー高山の自家焙煎「ペルー有機栽培珈琲」  ペルー有機栽培珈琲が生産されるペルー北東部に位置するアマゾナス州は、ペルーのコーヒー生産地の中でも高品質な豆が生産される地域として知られています。 農園では直射日光を防ぐため...
焙煎士への道

コーヒーの保存法

コーヒーの味や香りが劣化する3つの要因 コーヒーには避けるべきものが3つあります。それは①酸素、②水分、③二酸化炭素(ガス)の流出です。 ①コーヒーにとってひとつ目の敵は酸化...
生豆

グアテマラSHB 有機栽培・カフェインレス

グアテマラ(Guatemala)産コーヒーはフルーティーな酸味と花のような香りが特長です。 深いコクがあり、やさしい甘さの後味が上品で飲みやすいでしょう。 産地によって違いがありますが、重めのボディでチョコレートやナッツのような甘みもあ...
まめ知識

オスマントルコ帝国とcoffee

コーヒーの飲用がはじまった当初、コーヒーは一種の秘薬として用いられていたようです。今日のように飲料として飲まれるようになったのは15世紀頃。 やがて16世紀になると、イスラム圏の諸都市にコーヒーハウスが誕生し、イスラム圏全体へと広まってい...
生豆

マンデリンG1

マンデリンはインドネシアのスマトラ島で栽培されたアラビカ種のコーヒー豆です。コーヒー豆の生産大国であるインドネシアを代表するコーヒー豆であり、世界中で愛されている名品です。コーヒー豆の栽培を進めたスマトラ島のマンデリン族からその名がつけ...
生豆

東ティモールコーヒー

JAS認証 オーガニックコーヒー生豆 シェードツリー栽培 有機JAS認証オーガニックコーヒー生豆の新豆。自然環境に配慮したシェードツリー栽培。 シェードツリー栽培 東ティモールのアイナロ県マウベシ郡は標高が高く、1,3...
まめ知識

三原種

「ロブスタ種」「リベリカ種」「アラビカ種」 コーヒーが属するのは「アカネ科」です。 「コーヒー」というのは「属」の名前。アカネは「ツル状の草」ですが、コーヒーは「常緑樹」で、 「ロブスタ種」「リベリカ種」「アラビカ種」の3種。 ...
まめ知識

美味しいアイスコーヒー

深煎りcoffeeと濃い coffeeで  アイスコーヒー用のコーヒーの焙煎は深煎り、HOT coffeeの2倍ほどの濃さで淹れる! ふつうアイスコーヒーはグラスに氷を入れ、そこに熱いコーヒーを注ぐ方法で作ります。 その時、...
田舎で起業の道のり

田舎移住はいい事ばかり?

 移住ブームで各自治体は地域お越しに力を入れ若者の獲得にあの手この手でいろんな工夫をしています。援助金の創設、子供の医療費免除、学費免除、仕事の斡旋、空き家の斡旋などさらに土地や家まで提供してくれる自治体まであります。 私の場合、市...
まめ知識

ルワンダ産 自然栽培

 アフリカのコーヒーで有名なのが、ケニア、エチオピア、タンザニアですが、それらの国以外にも美味しいコーヒーが採れる国があります。それがルワンダコーヒーです。 甘味の後に酸味が来てフローラルな香りがあるコーヒーです。 奇跡的...
全体

50代のサラリーマンへ

初めまして 50歳を過ぎてそろそろ肉体的にも精神的にも衰えを痛感している頃だと思います。若い人に負けずバリバリと働ける年齢でもありますが、もう先はそんなに長くはありません。自分ではもっとできると思っていますが、周りからははそんなに...
まめ知識

コーヒーを淹れる水は軟水

ミネラルウォーターには「硬水」と「軟水」の二種類があります。 カルシウムやマグネシウムの含有量が多いのが「硬水」、少ないのが「軟水」。 コーヒーには鉱物の含有量が少ない「軟水」のほうがいいでしょう。 「硬水」はミネラル分の...
まめ知識

コーヒーノキ

コーヒーは植物です。 アカネ科の植物「コーヒーノキ」の種子。 コーヒー豆は「豆」ではなく、果物の「種」です。 コーヒーノキの実はサクランボのように赤く、 コーヒー豆はその中に平らな面を合わせるようにしてふたつずつ入っています。 ...