ご購入はこちらから
くつろぎと癒しのひととき

香り高いcoffeeをあなたに

ご購入はこちらから
全体

粕谷哲さんの世界一のコーヒーの淹れ方!

4:6メソッドで美味しいコーヒーを淹れよう。 アジア人初のWORLD BREWERS CUPを制した世界チャンピオン粕谷哲彼がその時、使った方法が4:6メソッドでcoffeeを入れた 「4:6メソッド」の詳細 1. 使用...
全体

グァテマラ アンティグア SHB レタナ農園

農園指定・希少なイエローブルボン種100%のコーヒーです。 アンティグアは火山に囲まれた盆地で、火山がもたらした水はけの良い豊かな土壌、山から吹き付ける冷たい空気が昼夜の寒暖の差を生み出します。最高品質のコーヒーを作る自然条件が揃っ...
全体

新しい手挽ミル買いました。

新しい手挽ミル買いました! 新しい手挽みるです。タイムモアC3モデルです。いいですよ。今ミルを買うならタイムモアC2かC3、少しお安いKINGrinder K0 手挽きコーヒーミルですね。最近のミルは高性能で粒度も安定して使いやすく...
全体

50代のサラリーマンへ

初めまして 50歳を過ぎてそろそろ肉体的にも精神的にも衰えを痛感している頃だと思います。若い人に負けずバリバリと働ける年齢でもありますが、もう先はそんなに長くはありません。自分ではもっとできると思っていますが、周りからははそんなに...
全体

資材の準備

coffee豆を売るにも どんな形で売るのか? どんなセット?豆で売る?、粉で売る?、ドリップバッグに加工して売る? 始めは、産地の違う2種類のストレートコーヒーオリジナルブレンドを150gのセットの形を基本とすることにします。 ...
田舎で起業の道のり

起業の前の準備

 田舎は狭い道が多いですが、家や作業場はできる限り道幅は広い所を選ぼう。畑の資材や家や事業所の改築や宅配・配送を利用するときは、道が広くないと余計に時間と費用がかかります。 インターネット インターネットはできれば早いものを設...
田舎で起業の道のり

田舎移住はいい事ばかり?

 移住ブームで各自治体は地域お越しに力を入れ若者の獲得にあの手この手でいろんな工夫をしています。援助金の創設、子供の医療費免除、学費免除、仕事の斡旋、空き家の斡旋などさらに土地や家まで提供してくれる自治体まであります。 私の場合、市...
焙煎士への道

臨床検査技師から焙煎士へ

医療から生豆売りへ 臨床検査  40年間病院で臨床検査技師、肺機能検査、そして病理検査、細胞診検査士、超音波検査検査士として働いてきました。病院勤務を経て2022年3月で定年となり岡山の田舎で農園を始めました。医療から全く違う...
全体

coffeeの産地の特徴

代表的な銘柄と特徴 キリマンジャロ;生産国は「タンザニア」。強い酸味とコク、甘い香り、「野性味あふれる味」と表現されることも。 ブルーマウンテン;生産国は「ジャマイカ」。調和のとれた味わいと滑らかな喉越し、卓越した香気。すべて...
私の好きなcoffee

どこのコーヒーが好きですか?

コーヒー発祥の地、エチオピアのコーヒーはがいいですよね!フルーツのような酸味と甘み、コクがある。 次が、コロンビアです。ナチュラルな甘さと重量感のあるコクもあり、フルーティーさもあり、バランスの良い味で、good!です。 生...
全体

最先端!人気の焙煎機

コーヒー焙煎機 SANDBOX SMART R2 ハイテクなスマホで操作できるロースターです。 電気110Vで使えます。石英管4本、900Wの高火力が得られます。簡単便利で550gの大量焙煎も可能です。素人でも簡単便利に焙煎で...
焙 煎

焙煎ための基礎知識

「浅炒り」「中炒り」「深炒り」 コーヒー豆の焙煎は、大きく「浅炒り」「中炒り」「深炒り」の3つに分けられ、どれだけ火を通すかによってそれぞれ変わっていきます。 さらに細かく言えば?・・・ 1.ライトロースト  Ligh...
全体

事業の費用

銀行口座とクレジットカード 起業するにはまず会社用の銀行口座とクレジットカードを作りましょう!個人のお金と会社のお金が混ざらないように区別して管理する必要があります。まずは、会社用の銀行口座を作りましょう。その後、クレジットカードの...
まめ知識

デカフェ(カフェインレスコーヒー)

カフェイン残留率を0.1%以下(EU規格)に抑えた画期的な製法です。従来の製法(液体処理法や超臨界二酸化炭素抽出法)と比較して、香りと味わいがよくなりました。 妊産婦・授乳中の方、カフェインで眠れなくなる方、健康志向の方、カフェイン...
全体

焙煎の工程

乾燥 豆の内部に水分が残っているとコーヒーは茶色く色づかないため、生豆を焙煎機に入れ、熱で完全に水分を飛ばしていきます。この工程は水分を飛ばすためだけであり、まだ色にも香りにも変化は現れません。乾燥が不十分だと豆が均等に焙煎できな...
まめ知識

コーヒーベルト?

 赤道をはさんで南北回帰線の間を中心としたベルト地帯、およそ北緯25度~南緯25度の間がコーヒーの栽培に適した環境と言われてます。コーヒーの栽培はこのコーヒーベルト(コーヒーゾーン)内にある国々で主に生産されています。 コーヒーノキには様...
全体

家でも手焙煎

家でも焙煎ができます。そんな方法をお教えいたします。 ※ガス台は安全装置のないものをお使いください。途中で自動で火力調整されると安定せずうまく焙煎が進みません。 家庭でできる焙煎方法 手網焙煎 やる気と根気が必要で...
生豆

マンデリンG1

マンデリンはインドネシアのスマトラ島で栽培されたアラビカ種のコーヒー豆です。コーヒー豆の生産大国であるインドネシアを代表するコーヒー豆であり、世界中で愛されている名品です。コーヒー豆の栽培を進めたスマトラ島のマンデリン族からその名がつけ...
全体

ケニア・マサイ AA

ケニア・マサイの特徴 「ケニア マサイ」は、その年毎の良質なトップグレードの原料をドーマン社の品質管理担当者がブレンドし、外観、カップクォリティー(酸味・ボディ・フレーバー)ともに...
まめ知識

コーヒーを淹れる水は軟水

ミネラルウォーターには「硬水」と「軟水」の二種類があります。 カルシウムやマグネシウムの含有量が多いのが「硬水」、少ないのが「軟水」。 コーヒーには鉱物の含有量が少ない「軟水」のほうがいいでしょう。 「硬水」はミネラル分の...
生豆

インドネシア マンデリン G1 リントン

農薬不使用のマンデリン バタック族が多く住む、スマトラ島リントンのマンデリン。 インドネシアでは、スマトラ式という特殊精製を行うことで独特な外観とカップ品質が有名ですが、特に...
全体

スペシャルティーコーヒー人気のイルガチェフェ

ウォルカ・チェルベサ村(有機栽培) エチオピア高品質の生産地として定評のあるウォルカ・チェルベサ村(有機栽培) 標高1,950mを超える山奥の水洗工場は、朝は夜は長袖が必要で、朝は霧が立ち込めるほど気温が下がります。そのような...
全体

家でも手焙煎

家でも焙煎ができます。そんな方法をお教えいたします。 ※ガス台は安全装置のないものをお使いください。途中で自動で火力調整されると安定せずうまく焙煎が進みません。 家庭でできる焙煎方法 手網焙煎 やる気と根気が必要で...
全体

Varia VS3 コーヒーグラインダー

エスプレッソから水出しコーヒーまで無段階にグラインドできる高機能電動グラインダー Varia VS3 コーヒーグラインダーが凄い! 本体上部のホッパーで、無段階にグラインドサイズを調整可能。極細挽きから粗挽きまで、どんなコーヒ...
全体

焙煎機 高品質なロースター

サンプルロースターの紹介です。使用している本体はスチールとチタンです。チタンの焼き色が何とも言えないBlueが何とも入れない。そんなロースターを紹介します。 京都「YOSANO ROASTER」 マウンテンバイクやロードバイク...
全体

46年前に買ったミル

46年前に購入した手回しのミルです。 当時高校生の時にお小遣いで購入したものです。今でも現役で使用しています。 後のも先にも私が今持っているミルはこれ一つです。
全体

HARIO ドリッパー V60

HARIOといえばコーヒードリッパー。その代名詞といえば“V60”。 V60は、世界有数のカフェでも採用されています。世界の人々が信頼するV60の魅力は、ずばり「機能性」と「デザイン性」の両方です。今回は...
全体

コーヒー焙煎冷却

コーヒークーラー 焙煎後の200℃もある焼けた豆を冷やすのにざるをあおり、団扇、扇風機を使うことがありましたが、チャフが飛び周りがチャフだらけになってしまいます。coffee coolerがあれば便利です。でも高いので買わなかった...
全体

新しい手挽ミル買いました。

新しい手挽ミル買いました! 新しい手挽みるです。タイムモアC3モデルです。いいですよ。今ミルを買うならタイムモアC2かC3、少しお安いKINGrinder K0 手挽きコーヒーミルですね。最近のミルは高性能で粒度も安定して使いやすく...
全体

最先端!人気の焙煎機

コーヒー焙煎機 SANDBOX SMART R2 ハイテクなスマホで操作できるロースターです。 電気110Vで使えます。石英管4本、900Wの高火力が得られます。簡単便利で550gの大量焙煎も可能です。素人でも簡単便利に焙煎で...
まめ知識

美味しいアイスコーヒー

深煎りcoffeeと濃い coffeeで  アイスコーヒー用のコーヒーの焙煎は深煎り、HOT coffeeの2倍ほどの濃さで淹れる! ふつうアイスコーヒーはグラスに氷を入れ、そこに熱いコーヒーを注ぐ方法で作ります。 その時、...
焙 煎

焙煎ための基礎知識

「浅炒り」「中炒り」「深炒り」 コーヒー豆の焙煎は、大きく「浅炒り」「中炒り」「深炒り」の3つに分けられ、どれだけ火を通すかによってそれぞれ変わっていきます。 さらに細かく言えば?・・・ 1.ライトロースト  Ligh...
全体

コーヒーとカビ毒

危険なカビ毒
全体

焙煎の工程

乾燥 豆の内部に水分が残っているとコーヒーは茶色く色づかないため、生豆を焙煎機に入れ、熱で完全に水分を飛ばしていきます。この工程は水分を飛ばすためだけであり、まだ色にも香りにも変化は現れません。乾燥が不十分だと豆が均等に焙煎できな...
全体

焙煎機 高品質なロースター

サンプルロースターの紹介です。使用している本体はスチールとチタンです。チタンの焼き色が何とも言えないBlueが何とも入れない。そんなロースターを紹介します。 京都「YOSANO ROASTER」 マウンテンバイクやロードバイク...
全体

家でも手焙煎

家でも焙煎ができます。そんな方法をお教えいたします。 ※ガス台は安全装置のないものをお使いください。途中で自動で火力調整されると安定せずうまく焙煎が進みません。 家庭でできる焙煎方法 手網焙煎 やる気と根気が必要で...
全体

焙煎機の種類

焙煎方法  焙煎機には手動式・電動式・自動式があり、焙煎形式は「直火式」「半熱風式」「熱風式」という3つにわけられます。これらは豆に熱を入れる方法の違いのことで、直火式は豆に直接火が当たるタイプ、半熱風式は間接的に火が当たるタイプ、...
全体

コーヒー焙煎冷却

コーヒークーラー 焙煎後の200℃もある焼けた豆を冷やすのにざるをあおり、団扇、扇風機を使うことがありましたが、チャフが飛び周りがチャフだらけになってしまいます。coffee coolerがあれば便利です。でも高いので買わなかった...
シェアする